東京 薬剤師求人・紹介会社 > 薬剤師転職 > 転職歴の多い薬剤師の転職活動

転職歴の多い薬剤師の転職活動


転職回数が多い場合

薬剤師業界は売り手市場ですから、他の業界よりも転職回数は問題にならないでしょう。

それでも、一箇所に勤務した年数が長い方が有利ではあります。特に正社員求人に関しては、「少しでも長く働いてもらいたい」と調剤薬局や病院は考えますし、すぐに退職しそうな薬剤師の印象は良くないかもしれません。
薬剤師求人を探す際のポイント
特に、同じ求人に複数の薬剤師が履歴書を応募してきた場合ですね。その中から1名選ぶなら、やはり転職歴が多い薬剤師よりも、転職歴が少ない薬剤師の方が有利と思われます。

ただし前述したように薬剤師業界は売り手市場ですし、「高給与、高時給でも働いてもらいたい」と考えている薬局、ドラッグストアは多いですよ。

そのため、転職回数が多くても、さほど気にする必要はありませんが、面接で突っ込まれた際の回答は、あらかじめ用意して下さい。

採用担当者が気にしているのは、転職歴よりも『転職の理由』なんですよね。

女性の場合、結婚をきっかけに勤務先を変えることもあれば、出産をきっかけに退職したり、子供が小学校入学のタイミングで復職することもあるでしょう。

その場合、ストレートに転職理由を伝えて下さい。採用担当者が納得できる理由ですから、転職歴があっても問題ないと思われます。

男性で転職歴が多い場合も、ネガティブな退職理由でなければ、そのまま伝える方が良いですね。キャリアアップやスキルアップのための転職なら、採用担当者の印象も悪くないはずです。

逆に、人間関係のトラブルや給料、仕事内容の不満が転職理由なら、ストレートに伝えない方が良いですね。

その場合も、100%後ろ向きな理由だけではないと思いますし、たとえば給与の低さが不満で転職歴が多いなら、「自分を高められる調剤薬局へ転職した」など、ポジティブな理由に変えて伝えても良いでしょう。

もちろん虚偽の転職理由はいけませんが、前向きな理由のみを履歴書・職務経歴書に掲載し、面接で伝えるということです。

あとは、転職歴が多くても問題ない薬剤師求人を保有している紹介会社を利用すると良いですね。

薬剤師紹介会社に無料登録することでエージェントに相談できますし、その際に「転職歴が多くても問題ない求人案件を希望します」と伝えれば、あなたに合った求人案件を探してもらえますよ。

繰り返しになりますが、薬剤師転職は売り手市場なので、他の業界よりも転職回数は問題になりません。積極的に仕事探しを行うことで、早期に正社員求人が見つかる可能性もありますね。

【関連記事】
東京の薬剤師求人【住宅手当あり】を探すには
【薬剤師転職】子供の急な熱!突然でも休みやすい職場へ転職したい


東京の薬剤師求人に強い求人サイト・紹介会社

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

転職歴の多い薬剤師の転職活動:関連ページ

有給取得率の高い薬局・病院 薬剤師求人
目次1 有給取得率が高い、休みが取りやすい薬局や病院の薬剤師求人2 本当に有給が取りやすい薬局や職場に転職する […]
40代薬剤師の転職
目次1 40代薬剤師の転職2 転職先で気をつけたい事、人間関係・コミュニケーション 40代薬剤師の転職 40代 […]
30代薬剤師の転職
30代薬剤師の転職 30代薬剤師の転職に関するページです。 業界によっては30代に突入すると転職が厳しくなりま […]
調剤薬局から医薬品卸へ転職
調剤薬局から医薬品卸へ転職したい! 調剤薬局から医薬品卸企業への転職ですが、東京は医薬品卸の会社が多いので、タ […]
薬剤師が正社員で働くメリット
薬剤師 正社員として働くメリットって? 薬剤師が正社員で働くメリットとして、最も大きいのが安定性ではないでしょ […]
4月入社 薬剤師転職
4月入社を目指した薬剤師転職 4月入社を狙って転職を考えている薬剤師さんも多いと思います。 必ずしも中途採用の […]
ボーナス支給翌日の退職願はあり?無し?
夏・冬のボーナスをもらってから退職しても良い? 「ボーナス支給翌日の退職願ってどうなの?」と思っているあなたへ […]
ボーナス支給後の退職は円満退職を目指そう
夏・冬のボーナス支給後の薬剤師転職 ボーナスが支給される薬局、ドラッグストア、病院、医薬品卸会社、治験企業、製 […]
夏のボーナスをもらってから薬剤師転職
ボーナス支給後の退職、転職について 薬剤師として転職を考える際、「夏のボーナスをもらってから今の職場を退職しよ […]