薬剤師ダブルワークOK求人


薬剤師ダブルワーク

薬剤師求人は豊富ですから、その中にはダブルワークOKの募集もありますね。

特に東京都内は薬剤師パート、アルバイト、派遣の仕事が豊富ですし、午前中だけ、午後のみ、夕方~夜間のみの薬剤師求人も見つけやすい状況にあります。
転職活動中の薬剤師
ダブルワークで働く際に気を付けるポイントとしては、現在働いている薬局や病院、ドラッグストアが掛け持ち勤務を認めているかどうかです。

たとえ単発スポットで1日だけ働く場合でも、副業禁止規定が就業規則に定められていれば、後々問題になるかもしれませんので、まずは周囲の薬剤師、管理薬剤師、薬局経営者などに確認すると良いですね。

今の職場から遠い場所でダブルワークするなら、掛け持ち勤務がバレる可能性は少ないと言えますが、それでも罪悪感を持ちながら働き続けるのは精神衛生上、良くはありませんよね。

そのため、まずは現在勤めている職場がダブルワークを認めているかどうかを確認してみて下さい。

もし就業規則に副業禁止と記載があっても、実際はダブルワークを認めている調剤薬局(漢方薬局)、ドラッグストアもあったりしますよ。公務員として病院で働いている場合は難しいですが。。

なので、積極的に確認されてみてはどうでしょうか?

その後にダブルワークOKの求人を探してみて下さいね。その際はハローワークなどを利用するよりも、薬剤師紹介会社の活用をおすすめします。

その理由として、紹介会社にはプロのアドバイザーがいますので、彼らに相談できるんですよね。他の求人サービスで薬剤師アルバイト、パート求人を探しても、実際はダブルワークを認めていないことがあります。

しかし薬剤師紹介会社を活用すれば、履歴書・職務経歴書を送る前にダブルワークの可否を教えてもらえますし、不明点があれば、あなたの代わりに確認してくれることでしょう。

その他、ダブルワークで気を付けたいのが「体力的に余裕を持って働くこと」ですね。中にはギリギリのスケジュールで副業する方もいますが、薬剤師の仕事は集中力の維持が不可欠ですよね。

調剤業務はもちろん、服薬指導、医薬品管理など、患者さんの命に直結する仕事ですし、体力的な疲労が精神的な疲労に結び付くと、なかなか集中力を保ちづらいと思います。

そうなれば医療ミスに繋がる事になりかねませんので、ゆとりを持って副業を考えてみて下さい。

まずは薬剤師紹介会社に登録して、希望を伝えると良いでしょう。ダブルワークで働く際の注意点に関しても、詳しく教えてもらえると思いますので。


東京の薬剤師求人に強い求人サイト・紹介会社

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

薬剤師ダブルワークOK求人:関連ページ

調剤薬局、ドラッグストア 掛け持ちバイト
東京都内 調剤薬局、ドラッグストア 掛け持ちバイト 都内で調剤薬局とドラッグストアの掛け持ちバイトを考えている […]
薬剤師 掛け持ちで夜にバイト
目次1 薬剤師 掛け持ちバイト2 夜間営業の薬局、ドラッグストアについて 薬剤師 掛け持ちバイト 掛け持ちで夜 […]
かけもち薬剤師アルバイト
薬剤師 ダブルワーク かけもちで薬剤師アルバイトを考えている方向けのページです。 かけもち、ダブルワークで薬剤 […]