緩和ケア 薬剤師募集


緩和ケア 薬剤師募集

がん専門病院やホスピス、そして在宅医療への広がりが見られる緩和ケアですが、薬剤師求人は少ない状況にあります。

しかし東京なら、緩和ケアの薬剤師募集が一定数見られますし、比較的転職しやすいと言えますね。

緩和ケアは薬剤師個人が行うものではなく、チーム医療の一員として関わることになります。医師、看護師の他にも、理学療法士のようなリハビリ専門職員、さらに在宅医療になれば、ケアマネージャーと関わる機会も増えるでしょう。
訪問看護
そのような医療職の方々とチームを形成し、患者さんの肉体的苦痛、精神的苦痛を和らげる仕事を担います。

具体的な薬剤師の仕事内容として、医療用麻薬の投与における服薬指導がありますね。患者さん本人だけでなく、ご家族への説明が大切になりますし、慎重に行う必要があるでしょう。

患者さんの中には医療用麻薬への不安が大きかったり、ターミナルケア、緩和ケアへの抵抗が残っていることもあります。そのような不安を払拭するのも薬剤師の重要な役割ですね。

私の祖父もそうでしたが、「最期は自宅に帰りたい」と希望する患者が多いです。

しかし「慣れ親しんだ自宅で時を過ごしたい」と思っても、今まではそれが可能な法整備、医療体制が充分とは言えませんでした。

近年、少しずつ在宅医療の緩和ケアが普及していますし、今後より多くの患者さんが在宅での緩和ケアを希望されるのではないでしょうか。

高齢化社会が進行する中、政府の方針も在宅医療へシフトチェンジしていますので、その可能性は高いと思われます。

しかし現状、緩和ケアの薬剤師求人は少ない状況ですが、年間通して全く募集がないわけではありません。

人口の少ない地方の場合、ほとんど見つからないこともありますが、東京は緩和ケアが見つかる可能性が最も近い地域と言えますので、まずは薬剤師紹介会社を利用してみて下さい。

緩和ケアは患者さんの最期に立ち会う機会が多いですし、時に辛さを感じることもあると思います。

特に今まで、薬局やドラッグストア、製薬会社の経験はあっても、病院薬剤師の経験がない場合、心の痛みを感じる機会が多いかもしれませんね。

患者さんと会話する回数が増え、距離が近付けば近付くほど、患者さんの看取りにやり切れない想いを感じることもあるでしょう。

しかし患者さんから感謝の言葉をかけられたり、ご家族からお礼を言われる機会も多いのが緩和ケアですし、薬剤師としてだけでなく、人間としても成長できる仕事ではないでしょうか。

実際の求人募集に関しては、ぜひ薬剤師紹介会社で相談されてみて下さい。

東京の緩和ケアに関する情報(求人数や求人動向など)を教えてもらえますし、仕事探しのタイミングによっては、スムーズに募集が見つかることもありますので。


東京の薬剤師求人に強い求人サイト・紹介会社

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

緩和ケア 薬剤師募集:関連ページ

在宅医療がある調剤薬局の薬剤師求人
目次1 在宅業務あり調剤薬局の薬剤師求人2 コミュニケーション力が重視される在宅医療 在宅業務あり調剤薬局の薬 […]
増える自宅での看取り・緩和ケア
自宅での看取り・緩和ケア 自宅での看取り・緩和ケアが少しずつ増えています。その背景として医療体制が整ってきたこ […]